記事一覧

オリンピックの水球選手が好きな時計ブランド

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON) タンブール Q1111A

エルメスと同じ最高級ブランドの位置に君臨するルイ・ヴィトン。身につけることで男としてのステータスを格段に上げてくれます。ブライトリング 時計こちらの腕時計のように、ブランドのアイコンであるLVのモノグラムが随所に使われたデザインが特徴です。

カルティエ(Cartier) カリブルダイバー W7100056

ティファニーやブルガリなど世界5大ジュエラーの中の1つであるカルティエ。モダンなデザインがベースで色気のある腕時計が多いです。スーパーコピースーツの袖からチラチラ見えることで、余裕のある大人な雰囲気を演出できるでしょう。

アニエスベー(agnes b) べーシック FCRT974

シンプルな中にも捻りあるポイントをプラスしているのがアニエスベーの腕時計。細部にまでこだわり抜かれており、洋服と揃えてアニエスベーコーデを楽しむのもいいですね。レザーベルトは付け替えることができるので、オリジナルの腕時計を作ることも可能。

紳士の魅力あるの腕時計は、知的な彼にぴったり


のAVCQHM16WW052は2016年に展開された話題作で、ホワイトシェル文字盤×ホワイトゴールドケースの上品なフォルムから絶大な人気を得ました。

文字盤には114個のダイヤモンドがセッティングされ、ホワイトアリゲーターのベルトもダイヤモンドの輝きを引き立て、ラグジュアリーな気分でいっぱいにしてくれます。

見た目も可愛く、よりダイヤの美しさを際立たせたいという女性にオススメしたいモデルです。

気になるお値段は定価3,135,000円、新品並行相場で約220万円となります。

3番人気はシンプルなアラビアインデックスにホワイトシェル文字盤を配した「AVCQHM16WW024」。

ハリーウィンストンのレギュラーモデルともいえる存在で、アヴェニューC ミニのロングセラーモデルです。

TOP5は全てアヴェニューC ミニが占めており、同シリーズの人気が伺えます。

統一感のある上品なフォルムが美しいAVCQHM16WW024。

ダイヤモンドを敷き詰めたK18ホワイトゴールドケースは、「キング・オブ・ダイヤモンド」と呼ばれ世界的に名高いハリーウィンストンを象徴するデザインです。オーデマピゲ 時計修理ケースの上下にあしらわれたアーチ形のラグは、ニューヨーク5番街にあるハリーウィンストン本店の玄関ドアをモチーフにデザインされています。

お値段は定価2,365,000円、新品並行相場は約150万円となっております。

4番人気は大粒のダイヤモンドとローズゴールドの組み合わせた アヴェニューCミニ「AVCQHM16RR017」。

こちらはハリーウィンストン人気NO.1に輝いた「AVCQMP16RR001」からムーンフェイズとプレートを取り除いたシンプルな印象を与えるモデルになります。

冒険心を高めてくれるアクティブな腕時計

セイコー(SEIKO)プレサージュ

プレザージュ/Ref. SARX055 ¥105,400(税込)
ダイヤルに日本の伝統工芸である漆塗りを施したユニークなセイコー プレザージュ。日本製の自動巻きムーブメントを搭載しているため、伝統美を近くに感じながら、実用性の高さを体感することもできます。

スーツ姿はもちろん、カジュアルな装いさえワンランクアップさせてくれるでしょう。

ユンハンス(JUNGHANS)マックスビル

マックスビル オートマティック/Ref. 027/3500.00 ¥95,000(税込)
ユンハンス マックスビルオートマティックは、彫刻家の巨匠故マックス・ビル氏がデザインした名品を復刻したモデル。

真っ白な文字盤に読みやすいアラビア数字を小さく施し、控えめながらもクリエイティブなデザインに。飽きにくく、長く愛用したくなる腕時計でしょう。

ドイツ時計は洗練されたデザインが知的な印象を与えてくれます。

タグ・ホイヤー(TAG HEUER)カレラ

カレラ キャリバー5/Ref. WAR211A.BA0782 ¥200,000(税込)
高級ブランドでありながらも、カジュアルさも併せ持つタグ・ホイヤー。特に人気の高いカレラキャリバー5は、本格ブランド腕時計初心者の20代にもおすすめの腕時計です。

シンプルなブラックの文字盤に映える針が見やすく視認性に優れ、スピーディーに時間を把握することができます。

こちらは機械式時計ですが、時刻の精度という意味合いで言えばタグ・ホイヤーのクオーツモデルはコスパも大変よくおすすめです。

【関連記事】:すべての最高級のデザインは私たちの生活と切り離せない

お好みのベルトで腕時計も自分らしく


『ウブロ』創生期、世に初めて評価された「ウブロ スーパーコピー」は、ゴールドまたはステンレスのケースにラバーストラップを合わせるという従来にない独創的なスポーツテイストを特徴としていた。バリエーションによってはベゼルがビス留めされた個体もすでに存在しており、これらのシグネチャーを踏襲しつつ、「ビッグ・バン」はチタニウムやセラミックといった当時ではあまり使われていなかったパーツを組み込んだ。この挑戦こそが、唯一無二の存在価値を生んだといえる。しかもスイスメイドを厳守するという伝統性と、アバンギャルドを“融合”した側面もある。


腕時計界には“世界三大複雑機構”と称されるものがある。長期間に渡ってカレンダー調整が不要な「永久カレンダー」、ゴング音が時刻を知らせる「ミニッツリピーター」、そして今回取り上げる「トゥールビヨン」の3つだ。これらは技術レベルの高い限られたメーカーのみが製造できるメカニズムのため、希少かつ高額な傾向にある。ゆえにブランドバリューをアピールするカテゴリであり、ユーザーにとっては満足度を高める特別な存在といえる。


ここ数年の時計シーン、ダイバーズウォッチはその中核を担う存在としてシェアを広げつつあります。かつては持ち前のスポーツ色の強さから趣味性の高いオフタイム用という立ち位置だった同ジャンル。しかし、国内外のファッショニスタがカジュアル&ドレスコーデの仕上げとして腕元に巻き始めたことが追い風となり、トレンドの最前線に急浮上しているんです。オリス時計の評判ただ、これだけ浸透していると選びによってはマンネリ感が漂うのも事実。ダイバーズウォッチに惹かれてはいるものの、周囲とのカブりも気になり食指が動かない……。そんな方も少なくないのではないでしょうか。ですが、諦めてしまうのは早計。停滞ムードを打ち破る一手として、気持ちもアガる“カラー”を取り入れたダイバーズウォッチをご紹介しましょう。

オリンピックトランポリンの父が好きな腕時計です。


数多くのファッション誌や、広告で活躍する長山一樹さんの写真は、誰もがきっと目にしているはずだ。その独創的な表現は、被写体にはスーツスタイルで向き合うという撮影の姿勢にも象徴される。

「最近、多くの人が忙しいっていうじゃないですか。でも何かをやるとか進める上で、それは言い訳にならないと思います。自分の時間をどう作るか。IWC アイダブリューシー 時計それには仕事の進め方や環境をミニマルでシンプルにすること。スーツもそうですが、それを意識することで無駄を削ぎ、自分のスタイルを貫ける。だからこそ日頃から時間を意識しています」

時間へのこだわりは、写真家には独自の時間軸があるからだろう。

「僕の仕事は、何百分の1秒の世界で撮る。まさに時間を撮っていることになるんですが、瞬間のドラマはムービーに比べると、見る人の価値感や感覚によって解釈が異なり、より抽象的。でも僕はそれが好きなんです。表現する側も瞬間にしか収められないからこそ、その差や違いが出てくるのもいいですね」

海外での撮影も多く、ともに過ごす時計への思いも深い。

「現地に着いても、すぐには時差を修正しません。いきなり変わるのがしっくりこないので、気持ちが馴染んでから初めて時刻をその国に合わせるようにしています」

そして「モンブラン1858 ジオスフェール」を見た瞬間、感嘆の声を上げた。

「海外にいて日本や他国の時間を見ると、すごくドラマを感じます。いま、こことは違う時間が同時に流れているんだなって。そういう楽しさが時計にはあり、それがないとただの道具になっちゃう。時計ってストーリーがないと魅力的には見えないんですよね」

fashion_180621_montblanc_04.jpg MONTBLANC 1858 GEOSPHERE
モンブラン1858 ジオスフェール
山岳への冒険の世界にインスピレーションを受け、1920〜30年代の「ミネルバ」のポケットウォッチとクロノグラフを再解釈。文字盤の上下に24時間で一周する北半球と南半球を象ったふたつのドームを装備する。北半球ドームは反時計回り、南半球ドームは時計回りに回転し、ワールドタイマーとして機能する。自動巻き。ステンレススティールケース。NATOストラップ。径42mm。62万50000円 >>モンブラン公式サイトで見る


fashion_180621_montblanc_117840.jpgブロンズケースともマッチするブンドストラップは、1920〜30年代に軍用時計や冒険登山時計向けのスタイルとして開発された。レザーはフィレンツェの自社専用レザー工房「モンブラン プレテリア」によるエイジドカーフスキンを採用。自動巻き。ブロンズ合金ケース。ブンドストラップ。径42mm。


【関連記事】​​​​​​​: 流行の単一の製品ど最新の組み合わせ

オリンピックのアーチェリー選手のお父さんが好きな腕時計です。

ブラックの文字盤にゴールドの針が映えるこちらのアイテムには、イタリアの文化やセンスが取り入れられています。ビジネスシーンでもおしゃれを意識している男性へのプレゼントに人気です。

クロノグラフを備えており、24時間表示と60分積算計が付いています。また、曜日が分かるカレンダー機能を搭載しているので、どこにいても曜日を確認できます。

さらにこちらのアイテムには、日常生活防水機能があります。手を洗ったり小雨に濡れたりといった、多少の水滴であれば時計を外さずに過ごせるので、気兼ねなく毎日使ってもらえる点も嬉しいポイントです。


ロレックスのスポーツモデルの中でも人気のサブマリーナー ノンデイト。
その名の通り日付表示機能がなく、すっきりとしたシンプルなフェイスが特徴のメンズ腕時計です。

ケース経40mmの存在感が男らしさを、クラシカルなデザインが高級感をプラスしてくれます。
300mの防水機能が付いたプロダイバー向けの腕時計で、いまだに人気が衰えない逸品です。

日付表示機能付きのデイトの基礎になった定番の落ち着いたデザインなので、ビジネスやフォーマルなどさまざまなシーンで活躍してくれます。

【関連ブランド】:ロレックス レディース

タサキの名作「バランス」の歴史を語れますか?

ラグジュアリー傑作その“深化”を知る
ラグジュアリー系メゾンの豊かな創造性は、腕時計でも発揮される。調査でもその個性に惹かれ、愛用する方が多く見られた。そこで今回、4メゾンの定番をピックアップ。ウブロの新品腕時計品格と独創性を生み出す、その歴史を掘り下げた。

前回の記事はこちら>>

TASAKI / タサキ[バランス]
TASAKIの繊細な感性とスイスの時計製作技術が、美しく精巧な時計に融和
タサキ
写真上は2018年に発表のモデル。自動巻き。径39.5mm。SAKURAGOLDケース。SS+SAKURAGOLDブレスレット。260万円(TASAKI) ジャケット6万3000円/フガート(シップス 銀座店)
ジュエリーで培ったモードな世界観を薄型ドレスウォッチへと託す。
自社で真珠養殖場を持ち、ダイヤの高度な自社研磨技術が認められる、日本を代表するプレミアムジュエラーTASAKIが、高級時計市場に参入したのは2015年のこと。そして2018年、ジュエリーで大ヒットしていた「バランス」の世界観が、腕時計にもたらされた。

円と直線とで織り成すクリーンでモダンなケースが内包するのは、スイスのヴォーシェ社製高級ムーブメント。インデックスを正方形にするなどダイヤルまで幾何学性を貫いた気品ある姿は、日本人の感性に響く。

【関連記事】:2021年人気レプリカ専門店