記事一覧

2021新作 人気シリーズにニュールックが登場。オメガ「シーマスター アクアテラ スモールセコンド」


オメガの人気シリーズ「シーマスター アクアテラ」に、新しくメンズとレディースの「シーマスター アクアテラ スモールセコンド」が加わります。ダイアルの6時位置にスモールセコンドを備えたこのモデルは、10種類の38mmモデルと、9種類の41mmモデルの全19種類が揃います。いずれのモデルも2021年8月発売の予定です。

“アクアテラ”(AQUA=「水」、TERRA=「大地」)は、その名が示すとおり、多様性をもち冒険心あふれる方のためにデザインされており、都会でも大海原の上であってもその魅力を発揮します。「シーマスター アクアテラ」初となるスモールセコンドの採用は、このシリーズにとっての新章の幕開けとなり、より様々なライフスタイルにマッチするでしょう。


スモールセコンド表示、その他の特徴
 最大の特徴は、すべてのモデルに施された6時位置のスモールセコンドです。スモールセコンドのサブダイアルリングは、18Kセドナ™ゴールド製かロジウム仕上げで、38mmモデルにはダイヤモンドをあしらったエレガントなデザインも登場します。

 ダイアルの新しいバリエーションも注目です。41mmモデルでは、お馴染みのチークパターンのダイアルがインデックスとのツートーンカラーとなり、端正な雰囲気をつくりだしています。また、38mmモデルは、サンブラッシュ仕上げの微妙な色合いが魅力的なダイアルカラーや、6時位置から12時位置にかけてサイズが徐々に大きくなるダイヤモンドをセットしたもの、虹色の光沢を放つマザーオブパールをはめ込んだボートシェイプのインデックスが配されたダイアルが揃います。

 いずれのモデルにも、ケースカラーとマッチさせたブレスレットモデルをラインナップ。その他41mmモデルにはベージュとブルーのラバーストラップ、38mmモデルにはアリゲーターストラップのモデルが用意されています。



38mmモデル
 ステンレススティール、またはステンレススティールと18Kセドナ™ゴールドのコンビモデルのダイアルには、ダークグリーン、ライトグリーン、リネンの各色、そしてエクストラホワイトのマザーオブパールが加わり、シリーズのカラーパレットに新たな彩りが添えられました。また、スポーツシーンでも合わせられるブレスレットや、メタリックレッド、バーガンディ、リネンそしてダークグリーンのレザーストラップを備えており、スタイリッシュな装いを醸し出します。

 全10種類のうち2種類は、ベゼルの周囲にダイヤモンドをセットした18Kセドナ™ゴールド製のラグジュアリーなデザインです。オメガ OMEGA (アンティーク)上品な色味を纏ったパープルジェイドのダイアルと18Kセドナ™ゴールドのブレスレットの組み合わせ、そしてエクストラホワイトカラーのマザーオブパールダイアルと鮮やかなメタリックレッドのレザーストラップの組み合わせは、華やかで個性的な表情を宿します。

 搭載されるムーブメントは、オメガのコーアクシャル マスター クロノメーター キャリバー8802です。18Kセドナ™ゴールドケースのモデルは、ローターとバランスブリッジに18Kセドナ™ゴールドを使用したキャリバー8803です。



41mmモデル
 ステンレススティール製、18Kセドナ™ゴールド製、そしてステンレススティールと18Kセドナ™ゴールドのコンビが揃う41mmモデルには、それぞれのケースのカラーに合わせたブレスレット、またはダイアルと同系色の一体型ラバーストラップが採用されています。また、ブルー/グレー、シルバー/ブルー、そしてシルバー/ベージュのツートーンカラーがダイアルに深みを与え、サブダイアルと美しいコントラストをなしています。

 41mmモデルには新キャリバーのキャリバー8916を搭載。18Kセドナ™ゴールドケースのモデルは、ローターとバランスブリッジにも18Kセドナ™ゴールドを使用したラグジュアリーなキャリバー8917です。


厳しいテストに合格した卓越した精度
 すべてのモデルに5年間保証とマスター クロノメーター認定カードが付属しています。これは、スイス連邦計量・認定局(METAS)が認定する業界最高レベルのテストに合格したことを保証し、毎時間を正確に刻んでいくことを確信していただけるものです。


【おすすめの関連記事】:http://unsere.top

今に続く復刻腕時計ブームの流れを作った名門、『IWC』

「IWC」は1868年に創業した高級ウォッチブランド。スイスのブランドですが、時計工房をドイツ国境に近いドイツ語圏のシャフハウゼンに構えているため、ドイツブランドのような質実剛健な時計を数多く取り扱っています。

IWCの腕時計は、ドレッシーなデザインの「ポルトギーゼ」や、ミニマルなデザインの「ポートフィノ」シリーズが人気。シンプルで飽きのこない腕時計を求めている方におすすめのブランドです。



18Kレッドゴールドの光沢を活かした上品なデザインが魅力の高級腕時計です。ムーブメントにはIWCが独自に開発した自動巻きを採用。最大まで巻き上げた状態から約7日間連続稼働するので、休日だけ腕時計を着用したい方にもぴったりです。

12時位置には月の満ち欠けを示すムーンフェイズを配置。さらに、月・日・曜日を表示する3つのサブダイヤルと、西暦表示用の小窓を備えています。カレンダーは閏年でも手動で調整する必要がないパーペチュアルカレンダー仕様なのも嬉しいポイントです。

風防のサファイアガラスには両面無反射コーティングが施されているので、強い日差しの下でも視認性は良好。優れたデザイン性と機能性を兼ね備えた、おすすめの高級腕時計です。



シルバーメッキを施した上品な文字盤に、ソリッドゴールド製のインデックスをあしらった高級腕時計です。6時位置にはスモールセコンドを配置。スモールセコンドには秒針停止機能が付いており、秒単位で時刻を正確に合わせたいときに便利です。

ムーブメントには8日間のロングパワーリザーブを誇る手巻き式を採用。8時位置には残りの稼働時間がひと目で分かるパワーリザーブ表示が付いているので、巻き忘れを予防できます。

スーツやジャケパンスタイルと相性のよい落ち着いたデザインも魅力。オン・オフを問わず着用できる高級腕時計を探している方におすすめです。


【関連記事】:http://miniature.top/

清々しい休日は、スカーゲンの“時を忘れる時計”とともに

デンマークの風土や文化に着想を得るスカーゲンのモノ作り。スリムにアップデートした「グレーネン スリム」を通じて感じられる、北欧が生んだ豊かな精神性、着用感。それは、思わず時間を忘れてしまうほど……。



ニット1万6000円、パンツ1万6000円/ともにスティル バイ ハンド(スタイルデパートメント 03-5784-5430)、靴1万1800円/ドン ペペ(スタジオ ファブワーク 03-6438-9575)
いい時間を過ごしているときほど、人は時刻に無頓着になる。趣味に没頭する時間、休息する時間、家族と過ごす時間……。

そうした何げない、でも素敵な日常の傍らに寄り添うのが、スカーゲンの時計だ。ユトランド半島最北端に位置する街の名を冠するブランドが表現するのは、北欧の豊かな精神性。ロレックス腕時計 中古緯度の高いかの地の冬は、寒く、そして暗い。昨今話題の「ヒュッゲ」と呼ばれる概念はここから生まれた。

室内を最大限に心地良くあしらい、家族で、あるいは友人を呼んで、寛ぎの時間を過ごす。ヒュッゲとは、寒さや暗さを乗り切るデンマーク人の知恵。多くのモダンデザインがデンマーク生まれなのも頷けるはず。



何もすることがない、贅沢な休日。ソファに腰掛け、久々に開いた長編小説を読みふける。心地良い時間のそばには、着用のストレスがないスカーゲンを。このまま昼寝も悪くない。スーパーコピーブランド腕時計は上と同じ。シャツ3万2000円/08サーカス(08ブック 03-5329-0801)
スカーゲンの時計は、ヒュッゲに見られる居心地の良さ、親しみやすさをその身に纏う。サイズ感を変えてアップデートされた「グレーネン スリム」を見てみよう。自然と調和する絶妙なブルーダイヤルは安らぎに満ち、カーブのついたラグと一体化した薄型のケースは、腕にピタリと収まる。そのうえ、ミニマルデザインはいつもの服装にもぴったりだ。



好きなものに囲まれる幸福な時間。春の日差しを受けて輝くブルーダイヤルとブラックのメッシュブレスが、ミニマルな美を演出。腕時計は上と同じ。
大好きな時計とともに、大好きなことに夢中になる。時計を着けていることも、時間さえも忘れる。これって本当に素敵なことだと思う。


【関連記事】:自分だけのひと品を見つけたい人におすすめ

目の肥えたギョーカイ人の“指名買い”ウォッチリスト

ファッション業界や時計業界をはじめ、その世界で生きる目の肥えたギョーカイ人が“欲しい”腕時計って気になりますよね。

そこで、OC世代を代表するウォッチラバーな面々に直撃取材を敢行。オーデマピゲ 時計 価格「腕時計とあれば黙っちゃいないぜ」という彼らが次に狙う腕時計とはいったい⁉︎ 前後編にわたり紹介します。



SSケース、40㎜径、自動巻き。59万円/日本ロレックス 03-3216-5671
デザインだけを重視して時計を選ぶ僕にとってエアキングの魅力は、ジャストシンプル。1990年代に一世を風靡したこの時計の新作が出たと聞き、食指が動きました。

ロレックスといえばサブマリーナーやコスモグラフ デイトナ、エクスプローラーの知名度が高いですが、デイリーユースできるこの見た目が好み。ちなみに最近愛用しているのはハミルトンのベンチュラ、これも永遠の定番ですね。



クロノグラフ機能を搭載した最初期の腕時計。国際オーナーパイロット協会(AOPA)公式ウォッチに認定され、文字盤にも協会のエンブレムが飾られています。今ではあまり見かけないレアモデルですが、なんとかして探したい!



SSケース、縦37×横45㎜、クオーツ。4万3000円/ニクソン 03-6415-6753
アップルウォッチを愛用中ですが、ニクソンの「ウルトラタイド」のウェーブ 4 ウォーターというカラー。タイド機能やデザインのほか、売り上げの一部が水に恵まれない地域にきれいな水を供給するNPO団体に寄付されるというのもポイントですね。


【関連記事】:グローバルラグジュアリーブランドモール