記事一覧

リシャール・ミルのコレクションにスノーセッティングが登場

最先端の科学技術で作られるケース素材や躯体構造など、驚異的なテクノロジーの塊にも見えるリシャール・ミルのタイムピースだが、その一方で、世紀を超えて受け継がれてきたような歴史的な工芸技法や職人技を取り入れることも、決して忘れてはいない。
そのことを改めて証明するかのように、リシャール・ミルはこの度、ジェムセッティングの究極技であるスノーセッティングの採用を宣言した。
これによって、レディース・モデル、特にRM 07-01やRM 037の様々なバリエーションでさらなる芸術的な魅力を際立たせることになるだろう。以下、プレスリリースを引用する。

リシャール・ミルのレディスタイムピースが、ジェムセッターの匠の技によって美しい煌めきを放ちます。
「スノーセッティング」と呼ばれるこの技術は、コレクションにリュクスな表情を添え、冬のおとぎの国を思わせる卓越した価値を生み出します。


ダイヤモンド、ルビー、エメラルド、ツァボライト、サファイア、オパール、ヘマタイト…。それぞれのストーンは適切なセッティング技術によって、その秘められた美しさが浮かび上がります。これらプレシャスストーンの魅力を際立たせるのは、時計の形とセッティングが施される表面、そして求める輝きに合わせて選ばれるミディアム、インビジブル、パヴェといったセッティングです。



装飾が施されたウォッチはきらきらと舞うように反射する光をとらえながら、官能的なまでの魅力を発揮し、身に着ける人にとってプレシャスなパートナーとなるでしょう。



厳選された素材に並べられた様々なサイズのストーンは、職人が作り出したわずかな爪によってのみ支えられ、表面はとても滑らかです。フランクミュラー 時計 ダイヤこのセッティングの難しさは、0.5mmから1.6mmまでの異なる直径のストーンを選び、配置することです。ランダムなパターンを描いているように錯覚させる一方で、ミクロンの精度でぴたりとフィットさせる必要があります。スノーセッティングは、ジェムセッター 一人ひとりの大胆さと経験がものをいうのです。どのスノーセッティングも、個々のストーンと同じように、すべてが唯一無二のものです。

【関連記事】:新社会人のためのビジネスバッグ&小物

MING - 最新作 エントリーモデル 17.09発表、今回は本数限定ではなく時間限定で注文受付!

MINGの時計は個人的趣味でWMOでもかなりフォローしてきており、そろそろ日本の皆さんの間でも知れ渡ってきたのではないか、と勝手に期待している。

17シリーズは、彼らのデビュー作は17.01であり、2017年に世に出た。その後、GMTバージョンや、ケース、ダイヤルのバリエーションを増やしてきたが、しばらくご無沙汰であった。今般、17シリーズの最後を飾るであろう、17.09の発表となった。

このモデル、そして今回の販売方法のポイントは以下の通り;
- 17シリーズはMINGのエントリーモデルであり、価格はCHF1950(約23万円)。
- 今回の販売方法は、時間を区切っての「時間限定受注」。今までは、時間は区切っていたが、本数限定であり、早い者勝ちの要素が強かった。特に海外からでは、クレジットカードの承認がおりにくかったり、それなりの準備をしていないと「負けて」しまった人も多いのではないだろうか。今回は、時間は区切られるのでその間にすべて終わらせなければならないが、基本的にその時間内に受けた注文はすべて受ける。ただし、どれだけの注文が来るかわからないので、デリバリー時期をはっきりとは言えない。それゆえ、全額最初に支払うのではなく、半額をデポジットとして支払う形となる。

彼らも、ここ数モデル続けて、注文スタートから10分未満で売り切れてしまい、苦情もかなり受けたのであろう。個人的には、時間を指定してくれて、かなり公平なやり方だと思ったが、やはり買えなかった人が多かった、ということであろう。実にリーズナブルである。

以下がプレスリリースの抄訳になる。

===========================
MING 17.09: 少しだけ複雑になった



この17.09は17シリーズへのお別れの始まりとなる。さらに進化した日常使いの時計として、新たなデザイン・機能を身に着けた。そして、皆さんの要望に応えて、新しい注文システムを採用し、より多くの人にMINGの時計を経験していただきたい。

バージョン2.0
我々は、エントリーレベルのモデルに、初めてレーザーを使って加工した金属にルミを注入したサファイヤガラスを採用した。インデックスは、風防の裏にレーザーで彫られ、強烈な光を放つ。そのような加工方法は、18.01 H41や、27.01、そして一般には販売しなかったが20.01クロノグラフに使われている。
文字盤はツーピース構造になり、中央部分にはクル・ド・パリ模様が入り、周りはブラッシュ加工された外周に分かれている。微妙な光加減で表情を変える作りになっている。
17.09は、バーガンディーとブルーの2色があり、それぞれマッチしたジャン・ルソー(パリ)のストラップが付属する。ポリッシュ部分と、ブラッシュ部分がある、316Lステンレスのケースは、やや大き目となったが、38㎜の大きさで、多くの人が楽しめる大きさにしている。ラグは、ケースからの連続性を強調した。


外見が変わっただけではない
今回もシュワルツ・エティエンヌとパートナーを組み、セリタ SW330-2をベースに、時針が独立して動く機能を持たせた。MINGの為だけの改造である。
リューズを1つ引くと、秒針を止めずに時針を動かすことが出来る。これは、GMTとしても使えるし、あるいは地域にもよるが、夏時間と標準時間の変更の時にも使える。そして、もう1つ引くと通常の秒針のハッキングと時刻調整が出来る。


誰にでも注文して欲しい
MINGを注文するときの皆さんのフラストレーションはよく理解している。今回はその解決方法を見つけたと思う。すでにMINGをお持ちの方には、2021年7月からデリバリーを開始する(本数制限アリ)。そして、そうでない方からも同様の方法で違う日時に注文を受け(こちらも本数制限アリ)、2021年10月からデリバリーを開始する。最後に、「時間限定」での受付をする。10分間という窓ではあるが、この間に受けた注文には全て答える。ただし、最後の方法でいくつの注文が来るかわからないので、デリバリーがいつということも約束できず、支払いは半額をデポジットとしてお預かりする。


金額
どちらの色も1950スイスフラン(送料込み: ただし、輸入地での税金は購入者が支払う)。

【関連記事】:http://makey4short.top

ブライトリングのヘリテージが蘇る 「プレミエ ヘリテージ コレクション」の登場

ブライトリング創業者の発明精神にインスパイアされた新しいプレミエ ヘリテージ コレクションは、今を生きる目の肥えた、趣味の良い人々のために造られました。ブランドの中でも最もエレガントで洗練された、比類なきタイムピースです。



「ブライトリングの最も有名な革新技術のいくつかを具現化した頃の歴史的なデザインに、スタイリッシュでモダンなテイストを加えました。これにより、近代クロノグラフを発明してきたブライトリングのヘリテージが復活したと言えます」
ジョージ・カーンCEOは、ブライトリングの時代を超越したエレガントな新コレクションについてこう言及しています。

プレミエ ヘリテージ コレクションは、ブライトリング独自のファウンダーズ・スクワッド(計時の歴史を変え、今日のブライトリングを築いた3世代のリーダー)に敬意を捧げるコレクションです。ブランド時計 コピーレオン・ブライトリングは1884年に会社を設立し、その後、時速15~150kmまでのあらゆる速度を測定できるシンプルなタイマー/タキメーターの特許を取得。その後1906年にはポケットウォッチ「ヴィテス」を発表しました。

1915年、その息子のガストンが、2時の位置に独立したプッシャーを配した、初の腕時計型クロノグラフのひとつを開発しました。この革新的な技術により、スタート、ストップ、リセットの機能がリューズから分離され、スポーツにおけるタイム計測の実用性が格段に向上しました。
1934にはレオンの孫ウィリーが、4時位置に2番目の独立したプッシュボタンを備えたクロノグラフで特許を取得しました。ウィリー・ブライトリングの先駆的な業績として、1938年のユイット・アビエーション部門の設立が挙げられます。



非の打ちどころのない趣き
大胆で技術に精通するばかりでなく、ウィリー・ブライトリングは人々がエレガンスや魅惑的な雰囲気も求めていることを察知していました。グランドセイコー腕時計このことに触発されたウィリーは、1940年代、目的とスタイルを結びつける上でブライトリングにとって最初の一歩となる、オリジナルの腕時計「プレミエ」を生み出しました。ウィリーはこれを見た時、こう考えていたのです。
「人が時計を身につける時、それは紛れもなくその人の趣味の表れとなる。」

最新のプレミエシリーズとなる、ブライトリング プレミエ ヘリテージ コレクションは、この時代を超えたエレガンスを蘇らせたものです。このコレクションでは、6種のバリエーションを3つの特徴あるカテゴリー「クロノグラフ」「デュオグラフ」「ダトラ」に分類しました。


【関連記事】:流行している星手首

Armin Strom(アーミン・シュトローム)、新作Tribute 1(トリビュート1)を発表 高級時計におけるドレスウォッチをモダンに解釈+実機写真

アーミン・シュトローム、モダンなドレスウォッチのリバイバルに大胆な挑戦

スイス、ビエンヌ:アーミン・シュトロームは本日、新しいタイムピースを発表しました。クラシックなドレスウォッチをコンテンポラリーな感性で新たに解釈したものです。


「モダンなデザインと感性の中に散りばめた最高の手作業による仕上げ、これがこのドレスウォッチのリバイバルのキーポイントです。ジラール・ペルゴ 時計」とアーミン・シュトロームのマスター・ウォッチメーカーであり共同設立者であるClaude Greisler(クロード・グライスラー)が語ります。

高級時計製作における最高の仕上げ
「アーミン・シュトロームは手巻きのドレスウォッチ デザインの長い伝統を引き継いでいます。しかしながら私たちも他の多くのブランドと同様に、この伝統から離れてしまっていました。」とグライスラーは続けます。



「時が経つにつれ、このことに対する後悔の気持ちが大きくなってきました。そしてついに何かをしなければいけないとの思いに至ったのです。このタイムピースのディテール、特に仕上げには本当にこだわりました。ダイアル側のバレルブリッジの手作業によるポリッシュ仕上げには12時間をかけています。この新たな機会をさらに特別なものとするため、ブリッジはホワイトゴールド製としました。裏側の輪列ブリッジは60度の面取りを施して研磨しています。通常よりかなり複雑な仕上げであるため時間も倍かかります。私がデザインしたこのウォッチのための針の研磨も非常に時間がかかるものです。手作業で研磨したバレルは約100時間のパワーリザーブを備えています。キャリバーAMW21はコート・ド・ジュネーブ装飾、ジュエル取付部はポリッシュ、メインプレートはサーキュラー・グレイン仕上げです。バランスコック(テンプ受け)とガンギ車コック(輪列受け)を立体的に配置して奥行きを感じさせています。さらにエッジを手作業で面取り研磨し、全体にラグジュアリーな雰囲気を与えています。」



「“トリビュート1” は、サイズ的には私の最近のデザインの中でもクラシックに近いものです。」とグライスラーは続けます。「径38ミリで、厚みは9ミリ。リューズは2時位置にあり、モダンデザインを象徴すると共に、使いやすさという点で優れたものです。」

【関連記事】:http://sonotaka.top

ジャーマン・ウォッチ・ブランド STOWAが、ラング&ハイネなどを擁する Tempus Arte(テンプス・アルテ)傘下に

テンプス・アルテ(Tempus Arte GmbH)、シュトーヴァ(STOWA)社を傘下に~より多くのことをともに達成する

2021年7月1日以来、有名なドイツのウォッチブランド、STOWA(シュトーヴァ)がTempus Arte(テンプス・アルテ)の傘下で運営されています。


テンプス・アルテ グループには、ラング&ハイネ(Uhrenmanufaktur Lang & Heyne Dresden)、ウーレン・ヴェルケ・ドレスデン(Uhren Werke Dresden – UWD)、およびミュンヘンを拠点とするラインフェルダー(Leinfelder Uhren München)が含まれます。さらにテンプス・アルテは、カスタマイズを専門とするブラーケン(Blaken GmbH)の株主です。


●STOWA meests Lang&Heyne

1927年に設立されたシュトーヴァは、高品質の時計をオンライン直販する分野のパイオニアです。彼らは90年以上の会社の歴史を振り返ります。

STOWA GmbH & Co.KGの元主要株主であるヨルク・シャウアー(Jörg Schauer)は、次のように述べています。
「テンプス・アルテ グループの一員になれたことをうれしく思います。人気のシュトーヴァ・ブランドの安定した基盤をさらに強化し、さらなる成長の機会を提供します。様々な分野でのノウハウは、グループが前向きに発展し続けるのに役立ちます。私たちの前にはエキサイティングな未来が見えます。」


同社が言うところの「美しく本当に良いもの」という主張は常にシュトーヴァ社の会社精神を形作ってきました。完璧に設計され、誠実な取り組みにより製品化されることで、実際の販売をはるかに超えるサービスを提供します。非常に高い品質と優れた価格設定は、世界中のお客様に評価されている大きな付加価値を示しています。STOWAは、高品質の時計を直販によるオンラインセールスの分野のパイオニアであり、90年以上の歴史を持っています。


●ヨルク・シャウアー(左)、ランゲ&ハイネ工房前にて

企業グループは現在、エントリーレベルのパイロット・ウオッチやバウハウス・デザインの時計から、クリエイティブなコレクター・アイテムや、カスタマイズ、そして完全に統合された工房から、最高レベルのクラフトマンシップまで、ウォッチメイキングにおけるさまざまなセグメントでの相乗効果を楽しみにしています。
テンプス・アルテ グループのさらなる多様化は、将来の課題に責任をもって直面する野心をもった、思いやりのある機敏なドイツのグループを生み出します。

【関連記事】:青森県の最新ファッションブランド