記事一覧

目の肥えたギョーカイ人の“指名買い”ウォッチリスト

ファッション業界や時計業界をはじめ、その世界で生きる目の肥えたギョーカイ人が“欲しい”腕時計って気になりますよね。

そこで、OC世代を代表するウォッチラバーな面々に直撃取材を敢行。オーデマピゲ 時計 価格「腕時計とあれば黙っちゃいないぜ」という彼らが次に狙う腕時計とはいったい⁉︎ 前後編にわたり紹介します。



SSケース、40㎜径、自動巻き。59万円/日本ロレックス 03-3216-5671
デザインだけを重視して時計を選ぶ僕にとってエアキングの魅力は、ジャストシンプル。1990年代に一世を風靡したこの時計の新作が出たと聞き、食指が動きました。

ロレックスといえばサブマリーナーやコスモグラフ デイトナ、エクスプローラーの知名度が高いですが、デイリーユースできるこの見た目が好み。ちなみに最近愛用しているのはハミルトンのベンチュラ、これも永遠の定番ですね。



クロノグラフ機能を搭載した最初期の腕時計。国際オーナーパイロット協会(AOPA)公式ウォッチに認定され、文字盤にも協会のエンブレムが飾られています。今ではあまり見かけないレアモデルですが、なんとかして探したい!



SSケース、縦37×横45㎜、クオーツ。4万3000円/ニクソン 03-6415-6753
アップルウォッチを愛用中ですが、ニクソンの「ウルトラタイド」のウェーブ 4 ウォーターというカラー。タイド機能やデザインのほか、売り上げの一部が水に恵まれない地域にきれいな水を供給するNPO団体に寄付されるというのもポイントですね。


【関連記事】:グローバルラグジュアリーブランドモール

超名門ブランドたちの意外な一手で、時計がもっと好きになる。

クラシカルな佇まいとデザインコンシャスを極めたスタイルの腕時計。その手があったかとニンマリするさすがの発想力に、夢や希望を感じないかい?

CARTIER
カルティエ/サントス ドゥ カルティエ LM
ベルト交換&コマ詰めが手軽な“目ウロコシステム”



SSケース、縦47.5×横39.8mm、自動巻き。74万円/カルティエ 0120-301-757
世界初の紳士の実用的腕時計と謳われる角形の名機が、今年満を持してアップデート。ビス留めされたアイコニックなベゼルがブレスレットとつながる流麗なデザインに。

それに応じる形で、付属のレザーストラップに工具不要で手軽に交換できる「クィックスイッチ」システムを採用。さらには、工具なしでブレスレットのコマ詰めまでもが可能となった。



デザインコンシャスを極めた結果生まれたユーザーフレンドリー機能。100年超の歴史を持つ名作は、腕時計にファッション性が求められる現代の感性に寄り添い、進化を続けるのだ。

VAN CLEEF & ARPELS
ヴァン クリーフ&アーペル/ミッドナイト ゾディアック リュミヌー サジタリアス ウォッチ
ゼンマイの動力で星が輝く、詩的表現



12月発売予定。K18WGケース、42mm径、自動巻き。1300万円[予価]/ヴァン クリーフ&アーペル 0120-10-1906
ポエティックな創作を信条とするメゾンが、ダイヤルに星座のきらめきを持ち込んだ。8時位置のプッシャーを押すと発電し、星座を構成するいくつかの星が、夜空のようなエナメルダイヤル上で点灯するのだ。

特定の物質に圧力がかかることで電気を生じる圧電効果を巧みに利用し、ゼンマイの動力のみでダイヤルの星座に仕込まれたLEDを点灯させることに成功。18世紀に発見されていた原理を現代に応用、ロマンティックな時を表現する。

GLASHÜTTE ORIGINAL
グラスヒュッテ・オリジナル/セネタ・クロノグラフ・パノラマデイト
ドイツらしさを感じる、特許取得の長さ調整機構



SSケース、42mm径、自動巻き。175万円/グラスヒュッテ・オリジナル ブティック銀座 03-6254-7266
質実剛健な名門が作るブレスレットの留め具は、いかにも“らしい”仕上がり。それが、ブランドロゴの「G」マークをプッシュすることで、8段階(=8mm)の長さ調整が可能という同社の特許機構。

工具不要で、細部まで“使う人目線”が徹底されているのだ。クラシカルな佇まいとコラムホイールの切り替え具合がツウ好みの新作にもその機構が備わる。


【関連記事】:最も手頃なレプリカブランドの専門店

ランゲ、アニバーサリーコレクション有終の美を飾るランゲ 1・トゥールビヨン“25th アニバーサリー”

 2000年に発表されたランゲ1・トゥールビヨンは、トゥールビヨン、アウトサイズデイト、3日間の動力を蓄える香箱とパワーリザーブ表示を同時に搭載する世界初の腕時計として注目を集めた。スーパーコピーブランドそして今、この25本限定のホワイトゴールドエディションが、合計10モデルからなるランゲ1 誕生25周年アニバ ーサリーコレクションの締め括りとして発表された。



キャリバーL961.4は51石で、うち2石はダイヤモンド受け石


今までのランゲ1・トゥールビヨン限定品
 2010年には、創業165周年を祝うアニバーサリーコレクション「F.A.ランゲへのオマージュ」として、ランゲ1・トゥールビヨンを含むハニーゴールド仕様の3モデルが製作された。ハニーゴールドはランゲが専用使用権を有する素材である。2014年には、ランゲ1 誕生20周年を祝い、プラチナ仕様のランゲ1・トゥールビヨン “ハンドヴェルクスクンスト”が20本限定で製作された。このモデルはハンドヴェルクスクンスト シリーズの4作目で、類い希な華やかな仕上げ装飾を施し、ダイヤルをブラックエナメルで仕上げた逸品であった。



■ランゲ1・トゥールビヨン “25th アニバーサリー”
手巻き。51石。21,600振動/時。18KWGケース(直径38.5mm)。パワーリザーブ約72 時間。世界限定25本。18,290,000円(税別)
 2019年のランゲ1・トゥールビヨンは、アニバーサリーコレクションの10 モデルに共通のシルバーとブルーのツートンカラーで統一されている。直径38.5ミリのホワイトゴールドケースとシルバーカラーに仕上げたシルバー無垢製ダイヤルに、ブルースチール針がコントラストも豊かに美しく映え、アウトサイズデイトの数字を含む文字はすべてブルーでプリントされている。

ストップセコンド機構を搭載したワンミニッツトゥールビヨン



ダイヤモンド受け石2石に支えられるワンミニッツトゥールビヨンは、ストップセコンド機構を搭載している。ロレックス 偽物この機構は、回転するトゥールビヨンのキャリッジ内でテンプを瞬時に停止させる特許技術で、ダイヤルの大きな開口部とアウトサイズデイトの一の位表示用ガラス製ディスクから、その動きを見ることができる。


【関連記事】:流行の復古腕時計

ファーブル・ルーバの新作「レイダー・ハープーン42」は待望のミドルサイズモデル

ファーブル・ルーバから新作「レイダー・ハープーン42」が発表された。


自動巻き(Cal.FL301)。2万8800振動/時。パワーリザーブ約40時間。SS(直径42mm)。300m防水。38万5000円(税別)。
 「世界で2番目に古い」時計ブランドとして知られるファーブル・ルーバ。この”世界で何番目に古いか論争”については諸説あり、“現存する”時計ブランドとしては2番目ということ。

 ファーブル・ルーバの設立は1737年、スイスのル・ロックルからスタートし、創業者のアブラハム・ファーブルは息子たちと共にワールドワイドな時計ビジネスを展開させていった。

 長い歴史の中、ファーブル・ルーバが近年世界を驚かせたのは2016年に発表された究極のダイバーズウォッチ「レイダー・ハープーン」だ。ブルガリ 時計 オーバーホール 価格これまで創出してきた伝説的な時計の系譜を受け継ぎつつ、革新的な機能と複雑な技術の簡略化を成功させたことにより、ユニークな時刻表示にたどり着いた。

“銛”を名前に冠する一本の分針のインパクト
 今回の新作「レイダー・ハープーン42」はケースの直径が42mmと、従来モデルの直径46mmのケースからするとかなりコンパクトになった印象を受ける。防水性能も500m防水から300m防水に変わり、日常生活での使用を想定したスペックとなった。従来モデルと変わらないのは、独特の時刻表示だ。たった1本の分針が文字盤上で存在感を放っている。短針の代わりに存在するのはアワーリング(時)、センターで回転するのは秒ディスク。過去から受け継がれた頑丈なケースと小型化に成功したモジュールにより、さらなる進化を遂げている。



時刻の読み方。左の図は12:00で、右の図は2:15を表している。秒はともに35秒。分針は通常の分針と同じ読み方。時は文字盤外周のアワーリングから読み取る。アワーリングはゆっくりと回転していて、分針の先にある数字から現在時刻を確認する。左の図は分針の先が、アワーリング上の数字の12を指しているので12時。右の図は分針の先がアワーリング上の数字の2と3の間にあるので2時。秒は、回転する秒ディスクが秒針の役割を果たしている。
 一本針の分針とアワーリングの組み合わせによる斬新な時計表示を支えるのは、ファーブル・ルーバの伝統ともいえるレトロフューチャーデザインだ。1970年代、宇宙開発が盛んだった頃に多くの人々が描いた未来像を反映したデザインとなっている。その象徴とも言えるのが頑丈なクッションケース、14角形の風防リング、高い視認性を誇る分針とインデックス。これらがレイダーハープーンの特徴的なデザインにつながっている。

 もちろんダイバーズウォッチとしてのISO規格を満たしており、潜水時間(分)を測定するための「逆回転防止ベゼル」や駆動の確認には「秒針」の代わりに文字盤の中央で回転する「秒ディスク」を採用。2時位置には飽和潜水に対応したヘリウムバルブがある。ファーブル・ルーバの数々の時計が持つ、実用シーンでの強さを実感できるモデルとなっている。

深海から、地上の最高峰までを網羅する実用機械式時計を次々と送りだすファーブル・ルーバはこう語る。

 「不要なものをすべて排除し、残ったものを見直し、再設計する。そして生まれた究極のダイビングウォッチ。針は1本しかありません。その針だけで水中の世界を探索するのに必要なすべてが手に入ります、もちろん陸上でも。」


【関連記事】:最高な時計ブランド

エントリーにはもったいない!ティソ 2020新作「シースター 1000 オートマティック シリシウム 」日本限定

防水・防塵時計を作り始めてから80年以上の歴史を誇るティソ。2020年7月、そんな同社から、日本のためだけに誂えたダイバーズウォッチ「ティソ シースター 1000 オートマティック シリシウム ジャパンリミテッドエディション」が登場する。


ティソ シースター 1000 オートマティック シリシウム ジャパンリミテッドエディション
 ベースモデルは、ティソのフラッグシップムーブメント、パワーマティック 80 シリシウムを搭載した「ティソ シースター 1000 オートマティック シリシウム」だ。ベースとなったのはティソの属するスウォッチ グループが製造するETA2824-2。しかし、振動数を見直すなどでパワーリザーブが約80時間に伸びたほか、シリコン製のヒゲゼンマイがスポーツウォッチに相応しい高い耐磁性と耐衝撃性をもたらした。なお、ティソは公言していないが、ヒゲゼンマイがシリコンと言うことは、ムーブメントの緩急装置はフリースプラングテンプである。10年ほど前は、ロレックスやハイエンドのメーカーしか採用しなかった機構が、エントリーモデルに載るとは誰が想像しただろうか?

 

 また、ねじ込み式のリューズとケースバックにより、ダイバーズウォッチに相応しい、300mもの高い防水性能をもつ。ダイバーズウォッチには欠かせない逆回転防止ベゼルは、なんとセラミックス製。アルミ製と異なり、タフに使っても傷が付くことはない。また、風防のガラスも、ミネラルではなく傷のつきにくいサファイアクリスタル。正直、この価格では想像できないほどの充実ぶりだ。

 

 このモデルをベースに、デイリーに着けたくなるようなモディファイを加えたのが本作だ。文字盤には、落ち着いたライトグレー文字盤を採用するほか、ダイアルと同色のキャンバスストラップが付属する。また、「日出ずる国、日本」向けの限定らしく、秒針のポインターには日の丸を想起させる、赤のドットが配されている。高いコストパフォーマンスはそのままに、普段使いできる控えめさと、日本限定らしさを盛り込んでみせたジャパンリミテッドエディション。これからの夏には、うってつけの1本と言いたいところだが、限定数はわずか500。検討中の方はお早めに。

ティソ「シースター 1000 オートマティック シリシウム ジャパンリミテッドエディション」
自動巻き(Cal.パワーマティック 80 シリシウム)。25石。2万1600振動/時。SS(直径43mm、厚さ12.7mm)。パワーリザーブ約80時間。300m防水。SSブレスレットとキャンバスストラップ付属。特製ケース入り。日本限定500本。予価11万円(税別)。7月発売予定。

エドックスの「クロノオフショア 1」にブラック・マザー・オブ・パールのダイアルを採用した日本限定モデル

エドックスは、パワーボートレースのラグジュアリーかつダイナミックな世界観を表現するクロノオフショア 1に、日本限定のブラック マザー・オブ・パールをダイアルに採用した限定モデル「クロノオフショア 1 クロノグラフ オートマティック ジャパン リミテッドエディション」2型、「クロノオフショア 1 プロフェッショナル ジャパン リミテッドエディション」2型を発表した。



今回発売する限定モデルは、角度によって表情を変えるブラック マザー・オブ・パールのダイアルにシルバーのインデックスとブラックのサブダイヤルがセッティングされている。真珠母貝が素材のマザーオブパールは、個体ごとに質感が異なるので、それぞれに1点もののプレミアム感が漂う。堅牢なケース構造、500m防水の高い防水性などタフな仕様はそのままに、華やかでエレガントなデザインを纏うタイムピースに仕上がった。各100本の本限定モデルだ。
エドックス「クロノオフショア 1 クロノグラフ オートマティック ジャパン リミテッドエディション」
自動巻き(EDOX011)。パワーリザーブ約42時間。SSケース(直径45mm)。オートヘリウムエスケープバルブ付き。500m防水。日本限定100本。42万5000円(税別)
エドックス「クロノオフショア 1 プロフェッショナル ジャパン リミテッドエディション」
自動巻き(EDOX80)。パワーリザーブ約42時間。SSケース(直径43mm)。オートヘリウムエスケープバルブ付き。500m防水。日本限定100本。21万円(税別)


 「クロノオフショア1」は、海のF1とも称されるスリリングで迫力のあるパワーボートの世界観を投影したフラッグシップコレクションである。世界最高峰の国際モーターボートレース大会「クラスワン パワーボート世界選手権」との出会いによって生まれた。1200馬力のエンジンを4基搭載するマシンを使用し、海上で繰り広げられるエクストリームなレースは、追求に追求を重ねる時計製造への姿勢を貫くエドックスと高い親和性がある。3.5mm厚以上の重厚感のあるマッシブなセラミックベゼルが、エクストリームさを表現している。日常使用ではオーバースペックすぎるほどの飽和潜水500m防水を備え、デザインも品質もタフな仕上がりとなった。ケースバックには、マシンの動力の要となるスクリュープロペラのモチーフが施されている。


【関連記事】:新潟県のファッションブランド情報!

フェンディ タイムピーシズのメンズコレクション「セレリア マン」から、GMT機能を搭載した新作が登場

フェンディ タイムピーシズのメンズ専用にデザインされた「セレリア マン」シリーズに、GMT機能を搭載した新作が加わった。控えめな優雅さと機能性を兼ね備えたフェンディらしいデザインだ。

ラグジュアリーブランドが生み出す高いデザイン性
 フェンディは1925年にイタリアのローマで創業したラグジュアリーブランドだtopkopi。頭文字である「F」を組み合わせたモノグラムの「ズッカ柄」を筆頭に、世界中で愛されるファッションアイテムを作り続けている。同社が腕時計の製造を開始したのは1988年で、「FFロゴ」や「モンスター」などのアイコニックな要素を取り入れたコレクションを展開している。



フェンディ「セレリア マン」
自動巻き。2万8800振動/時。パワーリザーブ約38時間。SS(直径42mm)。50m防水。33万円(税別)。
「セレリア マン」はメンズ専用にデザインされ、直径42mmのクッション型ケースと3針スタイルがモダンな印象を与えるシリーズだが、第2時間帯を表示するGMT機能を備えた新作が加わった。

 GMTウォッチらしいブラックベースの世界地図を立体的に表現したダイアルは、外周部の24時間表示と、飛行機をモチーフにしたGMT針の先端がイエローの蛍光塗料でペイントされている。



また今作は「セレリア マン」初となるメタルブレスレットモデルであり、オールブラックで重厚なサテンマット仕上げが施される。パネライ 時計 評価独自のストラップシステムを搭載しており、ケースバックを少し回転させることでロックを解除してラグごと外すことができ、簡単に別売りのストラップに交換することが可能だ。

 サファイアクリスタル製のケースバックからは「FENDI」の文字が刻まれたローターの動きを眺めることができ、スイスメイドの高品質な機械式時計であることを証明している。

冬服の袖口にすっぽり収まる小ぶりな時計 おすすめ5本

季節はすっかり冬ということで、当然のことながらほとんどの人が長袖の服を着用していることと思います。

ただ、ここ最近はデカ厚ブームということで、大きな時計を着けている方も多く、袖口にひっかかって不細工なことになっていませんでしょうか。

そこで、冬場こそ着けたい小ぶりな時計をということで、今回は冬服の袖口にすっぽり収まる小ぶりな時計ということで、おすすめのものを紹介していこうと思います。

それではさっそく見ていきましょう。


ハミルトン カーキ アビエーション

1本目は、ハミルトン カーキ アビエーション。

お値段の方は、105,600円。

ケースサイズは36mm。

1973年に英国空軍のために製造されたヴィンテージのミリタリーウォッチを復刻したということで、クラシカルな雰囲気が出てますね。

36mmのケースサイズは、今の時代かなり小振りでワイシャツの袖口にもぴったりと収まるのではないでしょうか。

手首の細い人が多い日本人にとっては、この36mmくらいのサイズが丁度よいようにも思います。

手巻き式ではありますが、80時間のパワーリザーブがあるということで、かなり実用的なのではないでしょうか。


チューダー ブラックベイ

2本目は、チューダー ブラックベイ。

お値段の方は、313,500円。

ケースサイズは36mm。

古くはロレックス サブマリーナのデフュージョンブランドとして知られるチュードル改めチューダー。

ここ最近はロレックス色を脱却し、独自路線で勝負しておりますが、その評価は非常に高いと言えます。

にもかかわらず、比較的リーズナブルな価格帯からラインナップされており、日本でももっと人気が出てもおかしくないと個人的には思うのですが、どうでしょうか。

こちらのブラックベイもシンプルで飽きのこないデザインで、スーツにもカジュアルな服装にも合わせられそうです。

こういった小ぶりな時計を1本欲しいと思っている私のような人間にはぴったりですね。

ユンハンス マックス・ビル

3本目は、ユンハンス マックス・ビル。

お値段の方は、140,000円。

ケースサイズは38mm。

ご存知、バウハウス最後の巨匠と呼ばれたマックス・ビルが手掛けたデザインということで、誰が見てもオシャレ。

いかにも女性ウケしそうなシンプルでイケてるデザインですね。

しかも、機械式腕時計にしてこの価格ということで、入門機としてもぴったりの1本ではないでしょうか。

ケースの厚みもそれほどないので、こちらもワイシャツの袖口には問題なく収まると思いますよ。

なお、このマックス・ビルは手巻き式やクロノグラフモデルなど、ラインナップが豊富に揃っているので、興味のある方は是非、サイトで確認してみてくださいね。

デイトジャスト36

4本目は、ロレックス デイトジャスト。

お値段の方は、864,600円。

ケースサイズは36mm。

ロレックスにも小ぶりな時計はあるということで、デイトジャストなんかはこのサイズこそが定番とお考えの方もおられるのではないでしょうか。

たしかに、裏蓋の膨らみとのバランスから考えると、36mmのケースはバランスが非常に良いのでございます。

フルーテッドベゼルにジュビリーブレスレット、サイクロップレンズの組み合わせとなれば、これはもう、ロレックスの鉄板モデルといっても過言ではないでしょう。

スポーツモデルが苦手という人もいると思うので、こういったクラシックウォッチの典型を所有するというのもよい選択ですね。


ノモス タンジェント

5本目は、ノモス タンジェント。

お値段の方は、242,000円。

ケースサイズは35mm。

何かオシャレで小ぶりな時計と言えば、真っ先にノモスが思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか。

細部に渡って伝統的な時計作りの技が注ぎ込まれた、正統なドイツ製腕時計を作り続けるノモス。

値段も比較的手ごろなものからラインナップされていますので、こちらのブランドも、機械式時計入門機としてもおすすめの1本です。

やはり、こういったデザイン性に優れた小ぶりな時計というのは冬の服装にもぴったりと合いそうだし、魅力的ですね。

小物にもオシャレを心掛けている方に特におすすめしますよ。

派手でもなく地味でもない! 抑制の利いたグッドルッキング

スーツに似合う腕時計。それは今も昔もエレガンスを備えた控えめなデザインが定石だ。だが働く服やスタイルと同様に、その選択肢も多様化している。

だからこそ、人それぞれ優先事項が変わってくる。というわけで、ここではビジネスウォッチの必須要件を満たし、かつ個性豊かな4つの最適解を提示する。

AUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ)/CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ オートマティック


TISSOT(ティソ)/ティソ ジェントルマン

SSケース、40mm径、自動巻き。15万4000円/ティソ 03-6254-7361
TISSOT(ティソ)/ティソ ジェントルマン

例えば平日に身に着けていた時計を週末に外しておく。そして迎えた月曜日に再び手に取り身に着けたときに、針が止まっていたり狂っていたら時刻合わせが手間になる。これは主ゼンマイの巻き上げ残量がゼロになったり、少なくなったときに発生する問題。

そこで、便利なのがロングパワーリザーブ(長時間駆動)機能。2日分(=48時間)以上が理想的だ。その点、シリコン製ひげゼンマイを採用した、ティソが誇る最新ムーブメント、パワーマティック80 シリシウムを搭載する本作は、最長約80時間駆動。シックなコンビデザインも仕事向き。


実用時計の最高峰を極めるグランドセイコーのGMTで、旅気分なスタイルを

現代の腕時計において、GMTは最も実用的な機能のひとつだろう。これを最高峰の実用時計を極めるグランドセイコーが搭載しないわけがない。

そんなGMTウォッチと楽しむべき、旅気分が味わえるファッションをご紹介。



SSケース、44.2mm径、自動巻き。72万円/グランドセイコー 0120-302-617
先端が三角になったGMT針は時分秒針と明確に印象を変え、視認性を高める。24時間のスケールが刻まれたベゼルは、サファイアクリスタルのリングで傷を防ぐとともに、回転式で第3の時間帯も表示可能。あえて6時と18時の正時からずらしたベゼルの色分けや、手首の動きを妨げない4時位置のリュウズなど、実用性へのこまやかな配慮もうかがえる。



腕時計72万円/グランドセイコー 0120-302-617、コート10万円/ナナミカ(ナナミカ 東京 03-5728-3266)、ニット10万8000円/ジ エルダー ステイツマン(サザビーリーグ 03-5412-1937)、パンツ2万円/アー・ペー・セー www.apcjp.com/jpn/inquiry/index、ソックス9700円/パンセレラ(真下商事 03-6412-7081)、靴8万4000円/パラブーツ(パラブーツ青山店 03-5766-6688)
トラベルユースで問われるのは機能性だ。防風性や透湿性、耐水性に優れたコートに、暖かく鮮やかなカラーニットといったアウトドア流のレイヤリングがいい。足元のチロリアンの武骨さにも気品が薫る。

こんなスタイルなら、たとえどこにいても旅気分が味わえる。

【関連記事】​​​​​​​: 2021ファッション人気腕時計情報

オリンピックの水球選手が好きな時計ブランド

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON) タンブール Q1111A

エルメスと同じ最高級ブランドの位置に君臨するルイ・ヴィトン。身につけることで男としてのステータスを格段に上げてくれます。ブライトリング 時計こちらの腕時計のように、ブランドのアイコンであるLVのモノグラムが随所に使われたデザインが特徴です。

カルティエ(Cartier) カリブルダイバー W7100056

ティファニーやブルガリなど世界5大ジュエラーの中の1つであるカルティエ。モダンなデザインがベースで色気のある腕時計が多いです。スーパーコピースーツの袖からチラチラ見えることで、余裕のある大人な雰囲気を演出できるでしょう。

アニエスベー(agnes b) べーシック FCRT974

シンプルな中にも捻りあるポイントをプラスしているのがアニエスベーの腕時計。細部にまでこだわり抜かれており、洋服と揃えてアニエスベーコーデを楽しむのもいいですね。レザーベルトは付け替えることができるので、オリジナルの腕時計を作ることも可能。

紳士の魅力あるの腕時計は、知的な彼にぴったり


のAVCQHM16WW052は2016年に展開された話題作で、ホワイトシェル文字盤×ホワイトゴールドケースの上品なフォルムから絶大な人気を得ました。

文字盤には114個のダイヤモンドがセッティングされ、ホワイトアリゲーターのベルトもダイヤモンドの輝きを引き立て、ラグジュアリーな気分でいっぱいにしてくれます。

見た目も可愛く、よりダイヤの美しさを際立たせたいという女性にオススメしたいモデルです。

気になるお値段は定価3,135,000円、新品並行相場で約220万円となります。

3番人気はシンプルなアラビアインデックスにホワイトシェル文字盤を配した「AVCQHM16WW024」。

ハリーウィンストンのレギュラーモデルともいえる存在で、アヴェニューC ミニのロングセラーモデルです。

TOP5は全てアヴェニューC ミニが占めており、同シリーズの人気が伺えます。

統一感のある上品なフォルムが美しいAVCQHM16WW024。

ダイヤモンドを敷き詰めたK18ホワイトゴールドケースは、「キング・オブ・ダイヤモンド」と呼ばれ世界的に名高いハリーウィンストンを象徴するデザインです。オーデマピゲ 時計修理ケースの上下にあしらわれたアーチ形のラグは、ニューヨーク5番街にあるハリーウィンストン本店の玄関ドアをモチーフにデザインされています。

お値段は定価2,365,000円、新品並行相場は約150万円となっております。

4番人気は大粒のダイヤモンドとローズゴールドの組み合わせた アヴェニューCミニ「AVCQHM16RR017」。

こちらはハリーウィンストン人気NO.1に輝いた「AVCQMP16RR001」からムーンフェイズとプレートを取り除いたシンプルな印象を与えるモデルになります。

冒険心を高めてくれるアクティブな腕時計

セイコー(SEIKO)プレサージュ

プレザージュ/Ref. SARX055 ¥105,400(税込)
ダイヤルに日本の伝統工芸である漆塗りを施したユニークなセイコー プレザージュ。日本製の自動巻きムーブメントを搭載しているため、伝統美を近くに感じながら、実用性の高さを体感することもできます。

スーツ姿はもちろん、カジュアルな装いさえワンランクアップさせてくれるでしょう。

ユンハンス(JUNGHANS)マックスビル

マックスビル オートマティック/Ref. 027/3500.00 ¥95,000(税込)
ユンハンス マックスビルオートマティックは、彫刻家の巨匠故マックス・ビル氏がデザインした名品を復刻したモデル。

真っ白な文字盤に読みやすいアラビア数字を小さく施し、控えめながらもクリエイティブなデザインに。飽きにくく、長く愛用したくなる腕時計でしょう。

ドイツ時計は洗練されたデザインが知的な印象を与えてくれます。

タグ・ホイヤー(TAG HEUER)カレラ

カレラ キャリバー5/Ref. WAR211A.BA0782 ¥200,000(税込)
高級ブランドでありながらも、カジュアルさも併せ持つタグ・ホイヤー。特に人気の高いカレラキャリバー5は、本格ブランド腕時計初心者の20代にもおすすめの腕時計です。

シンプルなブラックの文字盤に映える針が見やすく視認性に優れ、スピーディーに時間を把握することができます。

こちらは機械式時計ですが、時刻の精度という意味合いで言えばタグ・ホイヤーのクオーツモデルはコスパも大変よくおすすめです。

【関連記事】:すべての最高級のデザインは私たちの生活と切り離せない

お好みのベルトで腕時計も自分らしく


『ウブロ』創生期、世に初めて評価された「ウブロ スーパーコピー」は、ゴールドまたはステンレスのケースにラバーストラップを合わせるという従来にない独創的なスポーツテイストを特徴としていた。バリエーションによってはベゼルがビス留めされた個体もすでに存在しており、これらのシグネチャーを踏襲しつつ、「ビッグ・バン」はチタニウムやセラミックといった当時ではあまり使われていなかったパーツを組み込んだ。この挑戦こそが、唯一無二の存在価値を生んだといえる。しかもスイスメイドを厳守するという伝統性と、アバンギャルドを“融合”した側面もある。


腕時計界には“世界三大複雑機構”と称されるものがある。長期間に渡ってカレンダー調整が不要な「永久カレンダー」、ゴング音が時刻を知らせる「ミニッツリピーター」、そして今回取り上げる「トゥールビヨン」の3つだ。これらは技術レベルの高い限られたメーカーのみが製造できるメカニズムのため、希少かつ高額な傾向にある。ゆえにブランドバリューをアピールするカテゴリであり、ユーザーにとっては満足度を高める特別な存在といえる。


ここ数年の時計シーン、ダイバーズウォッチはその中核を担う存在としてシェアを広げつつあります。かつては持ち前のスポーツ色の強さから趣味性の高いオフタイム用という立ち位置だった同ジャンル。しかし、国内外のファッショニスタがカジュアル&ドレスコーデの仕上げとして腕元に巻き始めたことが追い風となり、トレンドの最前線に急浮上しているんです。オリス時計の評判ただ、これだけ浸透していると選びによってはマンネリ感が漂うのも事実。ダイバーズウォッチに惹かれてはいるものの、周囲とのカブりも気になり食指が動かない……。そんな方も少なくないのではないでしょうか。ですが、諦めてしまうのは早計。停滞ムードを打ち破る一手として、気持ちもアガる“カラー”を取り入れたダイバーズウォッチをご紹介しましょう。

オリンピックトランポリンの父が好きな腕時計です。


数多くのファッション誌や、広告で活躍する長山一樹さんの写真は、誰もがきっと目にしているはずだ。その独創的な表現は、被写体にはスーツスタイルで向き合うという撮影の姿勢にも象徴される。

「最近、多くの人が忙しいっていうじゃないですか。でも何かをやるとか進める上で、それは言い訳にならないと思います。自分の時間をどう作るか。IWC アイダブリューシー 時計それには仕事の進め方や環境をミニマルでシンプルにすること。スーツもそうですが、それを意識することで無駄を削ぎ、自分のスタイルを貫ける。だからこそ日頃から時間を意識しています」

時間へのこだわりは、写真家には独自の時間軸があるからだろう。

「僕の仕事は、何百分の1秒の世界で撮る。まさに時間を撮っていることになるんですが、瞬間のドラマはムービーに比べると、見る人の価値感や感覚によって解釈が異なり、より抽象的。でも僕はそれが好きなんです。表現する側も瞬間にしか収められないからこそ、その差や違いが出てくるのもいいですね」

海外での撮影も多く、ともに過ごす時計への思いも深い。

「現地に着いても、すぐには時差を修正しません。いきなり変わるのがしっくりこないので、気持ちが馴染んでから初めて時刻をその国に合わせるようにしています」

そして「モンブラン1858 ジオスフェール」を見た瞬間、感嘆の声を上げた。

「海外にいて日本や他国の時間を見ると、すごくドラマを感じます。いま、こことは違う時間が同時に流れているんだなって。そういう楽しさが時計にはあり、それがないとただの道具になっちゃう。時計ってストーリーがないと魅力的には見えないんですよね」

fashion_180621_montblanc_04.jpg MONTBLANC 1858 GEOSPHERE
モンブラン1858 ジオスフェール
山岳への冒険の世界にインスピレーションを受け、1920〜30年代の「ミネルバ」のポケットウォッチとクロノグラフを再解釈。文字盤の上下に24時間で一周する北半球と南半球を象ったふたつのドームを装備する。北半球ドームは反時計回り、南半球ドームは時計回りに回転し、ワールドタイマーとして機能する。自動巻き。ステンレススティールケース。NATOストラップ。径42mm。62万50000円 >>モンブラン公式サイトで見る


fashion_180621_montblanc_117840.jpgブロンズケースともマッチするブンドストラップは、1920〜30年代に軍用時計や冒険登山時計向けのスタイルとして開発された。レザーはフィレンツェの自社専用レザー工房「モンブラン プレテリア」によるエイジドカーフスキンを採用。自動巻き。ブロンズ合金ケース。ブンドストラップ。径42mm。


【関連記事】​​​​​​​: 流行の単一の製品ど最新の組み合わせ

オリンピックのアーチェリー選手のお父さんが好きな腕時計です。

ブラックの文字盤にゴールドの針が映えるこちらのアイテムには、イタリアの文化やセンスが取り入れられています。ビジネスシーンでもおしゃれを意識している男性へのプレゼントに人気です。

クロノグラフを備えており、24時間表示と60分積算計が付いています。また、曜日が分かるカレンダー機能を搭載しているので、どこにいても曜日を確認できます。

さらにこちらのアイテムには、日常生活防水機能があります。手を洗ったり小雨に濡れたりといった、多少の水滴であれば時計を外さずに過ごせるので、気兼ねなく毎日使ってもらえる点も嬉しいポイントです。


ロレックスのスポーツモデルの中でも人気のサブマリーナー ノンデイト。
その名の通り日付表示機能がなく、すっきりとしたシンプルなフェイスが特徴のメンズ腕時計です。

ケース経40mmの存在感が男らしさを、クラシカルなデザインが高級感をプラスしてくれます。
300mの防水機能が付いたプロダイバー向けの腕時計で、いまだに人気が衰えない逸品です。

日付表示機能付きのデイトの基礎になった定番の落ち着いたデザインなので、ビジネスやフォーマルなどさまざまなシーンで活躍してくれます。

【関連ブランド】:ロレックス レディース

タサキの名作「バランス」の歴史を語れますか?

ラグジュアリー傑作その“深化”を知る
ラグジュアリー系メゾンの豊かな創造性は、腕時計でも発揮される。調査でもその個性に惹かれ、愛用する方が多く見られた。そこで今回、4メゾンの定番をピックアップ。ウブロの新品腕時計品格と独創性を生み出す、その歴史を掘り下げた。

前回の記事はこちら>>

TASAKI / タサキ[バランス]
TASAKIの繊細な感性とスイスの時計製作技術が、美しく精巧な時計に融和
タサキ
写真上は2018年に発表のモデル。自動巻き。径39.5mm。SAKURAGOLDケース。SS+SAKURAGOLDブレスレット。260万円(TASAKI) ジャケット6万3000円/フガート(シップス 銀座店)
ジュエリーで培ったモードな世界観を薄型ドレスウォッチへと託す。
自社で真珠養殖場を持ち、ダイヤの高度な自社研磨技術が認められる、日本を代表するプレミアムジュエラーTASAKIが、高級時計市場に参入したのは2015年のこと。そして2018年、ジュエリーで大ヒットしていた「バランス」の世界観が、腕時計にもたらされた。

円と直線とで織り成すクリーンでモダンなケースが内包するのは、スイスのヴォーシェ社製高級ムーブメント。インデックスを正方形にするなどダイヤルまで幾何学性を貫いた気品ある姿は、日本人の感性に響く。

【関連記事】:2021年人気レプリカ専門店

新しいムーブメントとスリムになった横顔を備えた、グランドセイコーの最新コレクションを詳しく紹介しよう。





グランドセイコーに対して、時計愛好家が一般に抱いている数少ない不満の一つは、この時計が比較的厚ぼったいということである。この厚みはある程度までは、グランドセイコーの非常にがっしりとしたムーブメント作りへの固い意志からくる当然の帰結であるが、GSの高品質かつ高価値のスリムな時計が欲しいという欲求は、概して満たされなかった。しかしそれも、新しい手巻きムーブメントを使用した、エレガンスコレクションの新たな4モデルが発表されるまでのこと。ウブロ時計 ビッグバンこの新ムーブメント、Cal.9S63はパワーリザーブ表示を3時位置に、スモールセコンドを9時位置に配している。このキャリバーによって、典型的なグランドセイコーのデイト付き自動巻き式時計の厚さ13mm超より薄い、厚さ11.6mm、直径39mmの腕時計が完成した。


新しい手巻きムーブメントCal.9S63。

 この4種の時計は限定エディションとして発表されており、税抜価格75万円の文字盤が「岩手山」模様のSSモデルと、ゴールドの3つのモデルがある。ゴールドモデルのうち1つは白い文字盤、あとの2つは日本の漆工芸技法である蒔絵で仕上げられている。蒔絵は漆器づくりに使われる手法で、金粉を使って漆塗りの上に絵や文様を描く技法だ。

 SSモデルはとても印象的な仕上がりだ。漆塗りの文字盤のようによく見るほどに感じられる緻密な豪奢さはないものの、その佇まいが放つ際立った凛々しさがあり、「岩手山」模様にはスプリングドライブ スノーフレークのような心を惹きつける自然の空気感があり、ピーコック色の文字盤のハイビート GMTに通ずる鮮やかな玉虫色をしている。

 ゴールドに白い文字盤のモデルは、もはや全く別の時計のようだ。(完全に異なった仕様の文字盤と18KYGケースを備えている)。3つのモデルのうち、こちらは最もクラシックな雰囲気の仕上がりであり、パテックやヴァシュロンやオーデマ ピゲによって19世紀半ばに作られた名高い3針時計と並べても、場違いな感じはしないだろう。(これはドーム型のガラス部分と通常より薄いケースの両方のおかげだろう)。ゴールドの華やかさがグランドセイコーに添えられるとき、そこにはいつも趣深さがある。グランドセイコーが一つひとつの時計に惜しみなく与える細部への研ぎ澄まされた配慮が、SSをもはや幻の金属とみまがうほどにし、それがゴールドとのコンビネーションにより、特別で、慎み深くありつつも豪華なものとなっている。


ブレスレットのようなパテックフィリップの腕時計で可憐に

1パテックフィリップのレディース腕時計を大切な方へのギフトにいかがですか。
2高級な腕時計を一生に一度は身につけてみたい、女性なら誰もが抱く夢でしょう。そんな願いをエレガントなパテックフィリップが叶えてくれます。その目の覚めるような輝きを実際に使って実感してください。
3シルバーカラーのきめの細かいベルトがまるでブレスレットのようでジュエリー感覚で使えるのがとても魅力的です。丸いフォルムはやさしい女性のイメージ、スクエアはしっかりした女性をイメージしながらもそのエレガントさはそのままのパテックフィリップでおしゃれもより一層楽しくなります。


1.クールな女性へのギフトなら「ジョンハリソン」のレディース腕時計がおすすめです。
2.「ジョンハリソン」は、イギリス人で時計史の父とも呼ばれるジョンハリソン氏へのオマージュとして創られた腕時計ブランドです。ファッション時計として使いやすいデザインが人気です。他ブランドの女性向けの腕時計の中にくらべ、重厚感があるデザインが豊富なところも魅力です。
3.ランキングではセラミック素材のものが人気です。ダイヤモンドがあしらわれた腕時計はギフトにぴったりです。クールな女性に似合うような格好いい腕時計が揃っている点も人気のポイントです。


【関連記事】:人気ブランドのアイテム続々入荷中!

日本の技術力が光る洗練された腕時計


ダイヤルの変更点を探すのは、「Where's Waldo(ワルドを探せ)」のようなものだ。虫眼鏡を使わないと見つけられないかもしれない。ロレックスでは、新しいムーブメントやモデルチェンジを示すために、ダイヤルに何らかのマーキングを施すことが伝統となっている。

 最近では、「Swiss」と「Made」の間に小さなコロネ(王冠)が採用されている。以前のサブマリーナーでは、「Swiss Made」の文字列は小さなハッシュマークで区切られていた。それ以外の変更点は、全くないわけではないが、ごくわずかだ(特に手首を見下ろしたときには)。ダイヤルは同じ深みのあるグロスブラックで、マキシ(大きな)マーカーは真っ白で、ホワイトゴールドで囲まれている。簡単に言えば、これはサブマリーナーのダイヤルだということだ。


ムーブメント

 内部には、新しいロレックス自社製キャリバー3230が搭載されており、これは事実上、既存のCal.3235のデイト無しバージョンである。このムーブメントには、ロレックスが特許を取得した2つの機能が搭載されている。パラクロムブルーヒゲゼンマイとクロナジーエスケープメントの2つの特許を取得しており、これらが連動して精度と性能の向上を実現している。

 ロレックスは2015年に自社製キャリバー3235を発表したが、2020年までにCal.3230を発表し、新型サブマリーナー(ノンデイト)、36mmと41mmのオイスターパーペチュアルモデルの両方に搭載した。

 ムーブメント自体の品質と、ブランドの厳格なクロノメーター認定基準を考慮した結果、新型サブマリーナーは日差+2/-2秒の精度と70時間のパワーリザーブを備えている。

競合モデル:

オメガ シーマスター ダイバー300M
 そう、"ボンドシーマスター "だ。007が着用していたダイバーズウォッチであることを筆頭に、様々な理由でサブマリーナーと比較されることが多い時計である。オメガには、その伝統とMETAS認定の高品質なコーアクシャルムーブメント、そして力強いデザインがある。シーマスター ダイバー300Mは、スピードマスター以外の同社のコアモデルの一つだ。300m防水、セラミックベゼル、スティール製のケースとブレスレットのデザインなど、サブマリーナーと共通する特徴がある。サブマリーナーとは異なり、ヘリウムエスケープバルブとシースルーケースバックを備え、サイズも1mm大きくなっている。サブマリーナーの約30万円下の価格帯に位置するシーマスターは、見逃せないモデルだ。


ブランパン フィフティファゾムス バチスカーフ 38mm
 サブマリーナーと同時期に誕生したフィフティファゾムスは、本格的なダイバーズウォッチとしての信頼性を備えている(ただし、安定した耐久性はない)。サブマリーナーと同様に、フィフティファゾムスは歴史的に重要なデザインをオマージュの枠に陥ることなく採用している。セラミック製ベゼルインサート、300m防水、そして同様のダイヤルレイアウトを採用する。もちろん、ブレスレットではなくストラップを採用し、4時半位置にデイトウィンドウを備えている。ブランパンのフィフティファゾムスの多くが45mm径であるのに対し、このモデルの直径は38mmと非常に身に着けやすいサイズである。ただし、サブに比べて10万円以上も高いのが難点だ。


パネライ サブマーシブル
 パネライとロレックスには、何かと因縁がある。パネライの初期モデルは、ロレックスのケースやムーブメントのデザインを採用していたこともある。パネライの中心的な製品は、ヴィンテージ風のサンドイッチダイヤルが象徴的な一方で、サブマーシブルは最もモダンでダイビングに適した製品だ。

 本機には、ルミノールのリューズプロテクターが搭載され、モダンなパッケージを実現している。似たようなデザインの有能なダイバーズが氾濫している中で、このモデルは間違いなく際立つ。


ロレックス サブマリーナ:https://www.rasin.co.jp/SHOP/13610/102885/list.html